Team

千年治商店では、さまざまな分野のプロフェッショナルがユニットを組んでプロジェクトを遂行します。

山野 千枝

ディレクター・広報戦略・事業承継支援

山野 千枝CHIE YAMANO

株式会社千年治商店代表。専門は事業承継、媒体編集、広報戦略。自身の強みとこれまでの経験を活かして、社史制作や歴史ブランディングを専門とする会社を設立。アウトプットそのものよりプロセスに価値を生み出すプロジェクトメイクが得意です。仕事は「誰とするか」を重視。また「ベンチャー型事業承継」の伝道師として関西学院大学・関西大学で先生もしてます。「仕事で泣きたい」が口癖。あ、もちろん「感動して」ですよ。

- 山野千枝プロフィールはこちら

小山 広喜

アートディレクター

小山 広喜HIROKI KOYAMA

代表の山野にとっては、長年にわたる右腕です。ざっくりしたディレクションでも見事に形にしてくれる頼れるデザイナー。イケメンなのに、超がつく天然。そして、どんなに切羽詰った状況でも周りの人間を和ませる笑顔も優しさも、これまた天然もの。将来の夢は「世界で活躍するデザイナー」。

勝村 ちひろ

ディレクター・エディター

勝村 ちひろCHIHIRO KATSUMURA

元広告会社勤務。育児休業後、フリーランスとして、企業や自治体の広報誌・HP・広告等の企画編集・原稿制作をはじめ、集客イベントの企画運営などに従事。裏方気質を自認し「地味な作業の積み重ねだけが、奇跡のような結果に辿り着く」が信条。美味しいものとお酒が大好き。

中山 佳奈江

エディター・ライター・フォトグラファー

中山 佳奈江KANAE NAKAYAMA

元通信会社勤務。「何事も始めてみればできるようになり、鍛えれば筋力がつき、続ければ進化する」がモットー。旅行サイトからビジネスメディアまでさまざまなジャンルで活躍中。永く続く会社、永く続ける人に関心を持ち、長寿企業や後継者への取材に力を注ぐ。 回遊魚のように前にしか進めない猪突猛進型。アジフライと味噌汁が大好物。

竹中 功

広報戦略、コミュニケーション、地域活性化

竹中 功ISAO TAKENAKA

代表の山野が広報の美学を学んだ師匠であり、にいさん。元吉本興業のエライさんです。同社入社後、宣伝広報室を設立。数々のお詫び会見をこなした自称「謝罪マスター」。「マンスリーよしもと」初代編集長。よしもとNSC、劇場、FM局など、携わった新規事業は数知れず。映画プロデューサーとして、映画「ナビィの恋」「無問題」などを製作。創業100周年記念プロジェクトでは、東北6県の地域活性化をはじめ、 「吉本興業百年史」を担当。とにかく愉快なスーパーにいさんです。

山口 裕史

ライター

山口 裕史HIROSHI YAMAGUCHI

元神戸新聞の経済記者。ビジネス、サイエンス、医療、山までなんでも書ける万能ライター。そして、またの名を「登るビジネスライター」。週に数回は摩耶山に出没する無類の山好きで、キノコや昆虫の撮影はセミプロ並みです。いつも笑顔でおっとりした人柄なのに、とにかく原稿が早い!宣伝会議をはじめ、関西大学、大阪経済大学で文章講座の先生もしてます。

高橋 武男

ライター

高橋 武男TAKEO TAKAHASHI

元コピーライター。取材記事はもちろん、書籍の執筆などじっくり創り上げる案件も得意です。そして、またの名を「走るビジネスライター」。陸上競技でマスターズ日本記録をめざす現役アスリートです。とにかくまじめで誠実。「仕事のモットーは、一人でも多くの人に役に立つこと、一人でも多くの人に感動してもらうこと」と真顔で言える、熱い男です。

福永 浩二

フォトグラファー

福永 浩二KOUJI FUKUNAGA

モノから人物までなんでも得意な人ですが、やっぱり人物の撮影が上手いと思う。ちなみに町工場のイケメンの写真集はすべて彼に撮影してもらいました。一見ぶっきらぼうだけど、いざ現場に入ると被写体の緊張を和ませるテクニックはさすがプロ。ちなみに、ふだんはワンピースか都市伝説の話ばっかりしてます。

内山 光

ムービー企画製作プロデューサー・フォトグラファー

内山 光HIKARU UCHIYAMA

ムービーも写真も温度が伝わる仕事をする人です。いつも笑顔で朗らかな内山さんの前では被写体も自然にニュートラルな気持ちになれるからかも。「運動靴さえあれば速足で100キロは歩ける」と体力と持久力には自信あり。「アクションなきところにリアクションなし」が人生のモットー。

Partner companies

MIRACREATION