Column

現役アトツギベンチャー社長と学ぶ「ガチンコアトツギゼミ2019」@関西大学+大阪府下36大学

2018.01.06
ベンチャー型事業承継事業承継親子

家業を継ぐべきか、継がざるべきか。
難しい問題です。

でも!

「家業は斜陽産業だ、将来性はない」、「親と同じ商売をするのがいやだ」と家業を継ぐ人生にモヤモヤしている人は、ぜひ履修してください。
あと「親の会社は順風満帆だ」と思っているキミも受講したほうがいい。

この講義、そんなキミならたぶん絶対オモロい。
この講義の先生は家業を継いだ現役社長、受講生は実家が商売を営んでいる学生。
要するに先生も学生も「たまたま経営者の家に生まれてしまった人間シバリ」で行われる大学の授業です。

 

とはいえ、安心してください。
この講義は継ぐか継がないかを「いま決める」授業ではありません。
なぜなら皆さんが本当に覚悟を決めなきゃいけないのはずーっと先だから。
家業を継ぐかどうかなんて決めてなくてOK。継がないと決めてる人でもOK。

そして、あなたが家業をベースに新しいビジネスを起こすとしたら?
kangaku05

この講義では、家業の経営資源に、自分で探してきた何かを掛け算して、新しい価値を社会に生み出す「ベンチャー型事業承継」を実践しているアトツギベンチャー社長が先生としてやってきます。なんと、「ガイアの夜明け」、「Forbes JAPAN」などのマスメディアで話題のアトツギベンチャー社長がメイン講師。

同じ境遇の学生や先輩経営者と一緒に、家業の経営資源を使って始める新規事業を考えてみませんか?

笑いあり、涙あり。
将来、皆さんが人生の決断を迫られる局面で相談できる、一生の仲間と出会える場でもあります。
2019年は春季(4月~7月)、関西大学で開講予定です。

「たまたま経営者の家に生まれた」関西大学と、大阪府下の大学の皆さん。
今春、千里キャンパスでお会いしましょう。

kangaku04


【実施概要】
通称:「ガチンコアトツギゼミ」(旧ガチンコ後継者ゼミ)
正式講義名:「ビジネス研究(次世代の後継者のための経営学)」※商学部産学連携科目
※全学部の学生も受講ができるほか、大阪府下の38大学の学生も単位互換で履修できます。

<期間> 4月9日~7月16日 毎週火曜3限(13:00~14:30)
<単位> 2単位 <教室> 未定
<受講可能学部> 全学部
<対象>親族が事業(商売)を営んでいる学生。全学部、全学科 2年生以上(2単位)

<場所>関西大学 千里山キャンパス 教室未定
<協力>一般社団法人ベンチャー型事業承継

<メイン講師>
一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事
株式会社千年治商店 代表取締役 山野千枝(4月9日~7月16日)

ミツフジ株式会社 代表取締役社長 三寺 歩氏(4月9日~7月16日)

<ゲスト講師>
株式会社サンワカンパニー 代表取締役社長 山根 太郎 氏(6月8日)
◆エンジェル事業家/株式会社マルイチスチールセンター 代表取締役 加藤 順彦 氏(6月15日)

<後継者ゼミで伝えていること>
(1)なんだかんだ言っても「家業が生み出した利益」のおかげで大きくなった
(2)親と同じことをするのが事業承継ではない
(3)負の資源もあるけど、すでに経営資源があるなんてものすごいアドバンテイジ
(4)でも経営者になるって相当な覚悟が必要
(5)ファミリービジネスならではのゴタゴタは起こるもんです、衝突上等
(6)やりたいことを「親の会社の資源を利用して実現するなら?」と考えてみる
(7)「親の会社を乗っ取りたい」と思えなければ継がなくていい
(8)親の会社に入るまで家業に関係なくやりたい仕事をする。その代り死ぬ気で頑張って力をつける
(9)決断は突然迫られる。しかも自分の事情は関係ないタイミングで。
(10)最後の決断は自分ですること。言い訳しない人生を。

※履修については、各大学の教務課にお問い合わせください。

profile

山野 千枝

代表取締役

山野 千枝CHIE YAMANO

1969年生まれ、岡山県出身。専門はファミリービジネスの事業承継、広報ブランディング。1991年関西学院大学卒。ベンチャー企業、コンサルティング会社を経て、大阪市経済戦略局の中小企業支援拠点「大阪産業創造館 」の創業メンバーとして2000年より参画。広報主幹、事業部長などを歴任。また2001年の創刊以来、ビジネス情報紙「Bplatz」の編集長として、多くの経営者取材に携わる。関西圏の大学で、親が商売を営む学生を対象に「ガチンコ後継者ゼミ」を主宰し、家業で新たなビジネスに挑戦する「ベンチャー型事業承継」を提唱。

また、近畿経済産業局のベンチャーエコシステム構築事業「Next Innovation」では、全国で初めてベンチャー政策の対象に中小企業の若手後継者を定めたアクションプランを提言し話題となる。2018年には、この活動を全国に広げるため、若手アトツギ特化型ベンチャー支援団体「一般社団法人ベンチャー型事業承継」を設立、代表理事に就任した。

「存続力は競争力」をテーマに講演実績も多数。アセアンの経営者を対象に日本の長寿企業文化についての研修などを通して、永続経営の価値を広く伝えている。

2016年には、会社の歴史を活用した企業ブランディング、採用メディアや社史制作を手掛ける株式会社千年治商店を開業。

◇その他の役職
一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事
大阪産業創造館・大阪イノベーションハブ チーフプロデューサー
大阪市立大学 学長特別顧問
公財)大阪市都市型産業振興センター 広報担当フェロー
経済産業省 近畿経済産業局 「Next Innovation」事務局 プロジェクトリーダー
経済産業省 ファミリービジネス検討会委員
関西大学「後継者ゼミ」 非常勤講師
マイクロ波化学株式会社 広報顧問

関西学院大学(2011~17年)・甲南大学(2012~14年)非常勤講師